仕事・日本語教育

2017年4月 8日 (土)

アラフォー、大学院を目指す

もう何年振り?というブログの更新です。最近ではツイッターばかりになってしまいましてねぇ。(猫背)
今回は、自分の備忘録というか、決意表明というか、どうしても今後の自分のために残しておきたい思い(長文)ができてしまったので、ものすごく長いですが書いておきます。
 
 
 
アラフォー(少し超えてる)主婦兼教師兼2児の母のワタシは、この4月から大学院に進学します。
 
 
数年前から考えていたことですが、子どもたちが小学生になりやっと日々の生活に少し余裕が持てるようになったこと、家族が応援してくれたこと、資金の目途が立ったこと、自分の方向性を確定できる先生に出会えたこと、いろいろな好条件が重なり、「今しかない!」と。
昨年度から研究生として在籍して研究へのリハビリ生活を送り、無事4月の入学を迎えることができました。
 
 
子持ちアラフォーがなぜ大学院を目指したか。
 
 
理由の一つを一言でいうと「閉塞感への抵抗」
 
40歳を迎えたあたりから、自分の人生が下り坂になってきたことを実感し始めたんですね。
そんな悪い意味ではなくて、今までがむしゃらに上ってきたのにふと振り返るとこれから進む道より今まで進んできた道のほうがはるかに長い。しかもこの先下ってねえ?と。
ああ、ワタシはこれから人生のまとめ?に入っていくんだなと。
ただただがむしゃらに生きて働いて子ども育てて…というのは終わりなんだなとなんとなく感じたんですよ。
 
でも、それに抵抗しようとする自分もいる。「いや、まだまだ成長途中やし!アタイまだできる子やし!(気持ちだけは)」て。
 
その「あがき」の結果が大学院進学。ああもう短絡的。
 
 
そして、もう一つ、一番大きい理由。今後の自分のために残しておきたい今の思いです。
 
 
すべての始まりはこの時から。もう9年も前のことです。
 
 
あの時、私は日本語教師を辞めるつもりでいました。

日本語教師って待遇悪くても、仕事きつくても、「やりがい」の一言でなんか押し切られちゃうんですよ。人からも、自分でも。でもそれで収まるのってホント数年で、わたしは「その先」「その末路」を明確に見てしまった。ああ、もう駄目だな。と。
でも、時の流れと「結局アタシほかに自信もってできることなんてないんだな」でなんとなくうやむやにし、震災で別の学校から切られたこともあり、悩んだ末に元の学校に復帰しました。
 
 
 
復帰にあたってワタシが自分に課したルールが2つありました。
必要以上に授業を工夫しないこと。
必要以上に学生とかかわらないこと。
 
 
 
 
 
この言葉から、自分を守るためです。
「あなたを卒業クラスに残したら、土壇場で交代した次の先生が苦労するし、下のクラスに入れたら、卒業クラスの学生から間違いなく苦情が出るから、今やめてもらうしかない」んだってさ。
 
もう2度とあんな思いはしない。
普通の教師でいよう。時間を切り売りするただの非常勤でいよう。
楽しく授業できて、時給がもらえて、それでいいじゃないか。
そうやって1年を過ごしました。
 
 
結果、あんなに好きだった仕事がつまらなくて苦痛でしかたなくなりました
 
 
そらそうだよ。授業は「どうやったら楽しくわかりやすくなるか」をあの手この手で工夫するから楽しいんだし日本語学校の醍醐味は「学生の成長を間近で見る」ことだもん。この2つを放棄したら楽しいわけがない(気づけよ)
 
何よりも、自分自身成長ができない日々の繰り返しが苦痛で仕方がなかった。昨日と同じ今日を迎えるのが嫌で嫌でしょうがなかった。
 
 
じゃあ、今まで通りやればいいじゃん。
 
それは無理。時が解決したと思っていたけど、あの出来事は私が思っていた以上にトラウマになっていたようで。「自分が頑張った結果切られちゃった」が怖くて怖くて。これ、自分の人生を否定されることだからね。
 
 
そんなこんなでまた辞めることを考えていた復帰2年目。2つの出会いがありました。
 
1つはその年に持った最上級クラス。打てば響く、その響き方がこちらの想像を超える。そして意識が高い。気が付けば自分のルールを破って持てる力全部を使って学生に対峙していました。
 
もう1つはその年に組んだ担任の先生。このクラスの到達目標をどこに置くか、それを考えたうえで個々の教師が今何をするべきか。長期的な視野になってクラスと教師をコントロールしていく。ええ、驚くことにいなかったんですよ。これができる担任が。その采配の下でする授業がこれまた楽しい!その采配に沿ったアイデアを出すのも楽しい!
 
今振り返っても、この1年を超える充実した年はなかったなぁ。。。
 
 
そして1年が終わり、我に返って思いました。「アタイ、何やってんだろう・・・」
 
 
長く続けるため立てたルールを何簡単に破ってんだよと。
でもね。また味気ない日々に戻るのは本当にイヤだったんですよ。だからこのままでいこうと。
 
でも頑張れば頑張るほど自分の心がざわざわざわざわする。時がたてば忘れると思っていたあの時の気持ちは胸の中でヘドロ化して悪臭を放っていました。
追い打ちをかけるように、ちらほら常勤講師の声もかかるようになってきました。「子ども育ってきたし、そろそろいいんじゃね?」と。
 
 
 
頑張れば頑張るほど頭にちらつくあの呪いの言葉。
 
 
「あなたが普通の人だったら残せたのに」
よい教師であろうとすることはいつか自分の首を絞めるという矛盾。
よい評価を得るということは自分の雇用を脅かすという矛盾。
それなりの授業が安定であり、「私にしかできない」授業は危険であるという矛盾。
 
 
たくさんの矛盾を抱えて、ワタシは一生懸命頑張ることも、適当に流すこともできなくなってしまいました。
 
 
このままじゃだめだ。
 
 
このままじゃワタシは本当にダメになる。
 
 
わたしの貧相な発想力では「自分を変える」以外の解決方法を思いつきませんでした。
 
その結果が大学院進学。
まあ「常勤になってよ封じ」という効果もあります。やっぱ短絡的ですね、うん。
 
 
でも、今の私には必要な一歩だったんです。本当に。
 
この先ワタシがどこへ向かうのかはわからない(なんとなくの方向性は持っています)
現状から逃げだすための悪あがきの一歩だったような気もする。

それでもこの一歩が苦痛なく「昨日とは違う今日」を迎えるための一歩だと信じたい。
 
そして下り始めた「中年坂」を「いや、まだ上ってるやん」と勘違いしながら全速力で駆け抜けていきたい。全速力で。膝が壊れるまで。
 
 
今私はそう思っています。
 
 
長い、とりとめのない文章。ことばにすれば陳腐でくだらない思いです。
 
 
最後までありがとうございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年2月19日 (木)

初級準備

初級で使う動物の絵を描いていて、馬、キリンあたりでどうでもよくなってきた絵がこちらです。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 9日 (火)

修羅場

どうも、おはようございます。

「絶対無理だよ」と思っていたテストがどうもできてしまったようです。

自分の有能さに驚くばかりですが、問題は今日の授業の準備が何一つできていないことです。

あーーーー、仕事行きたくねーーーーー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月30日 (木)

ぶり太

ええ、とっくに帰ってきましたが何か?(開き直り)

ごめんなさい。
帰省のこととか夏休みのこととかナツのその後の体調とかはいずれまた。

今日は、とっくに始まっている授業の話。

ワタシが持っている初級のクラスにブリタさん(仮名)という新入生が入ってきました。

ワタシ、何の疑いもなく、当然のように男だと思ってたんですよ。
「タ」だから。何となく、無意識に。
(実際は女性。しかも金髪スレンダー美女)

そのわたしの勘違いが周囲に知れ渡り、彼女の職員室での呼び名が「ぶり太」になってしまいました。

…ごめん、ブリタさん。金髪美女なのにぶり太…。


※実際は違う名前です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月29日 (金)

7月からのお仕事

やあ、久しぶり!(さわやかな笑顔で)

すみません。ほんとすみません。

更新2週間ぶりですか?それ以上ですかそうですか。

言い訳させてもらえば、オットお下がりのIpod touchとか、オットお下がりのIpadとか、おっとお下がりのスマホとか、そういうもんを手に入れたら、パソを開く機会が格段に減りましてですねー。
その分、ツイッターに投稿する機会が増えましてですねー。
ツイッターでつぶやいちゃうと、それで満足しちゃってですねー。

まあ、あれだ。なんだ。 ゴメンナサイ。

さて、仕事の話<キリッ

4月から週に2日、順調に勤めまして、学生とも信頼関係ができてきました。
んで、そろそろ7月生の入国が始まります。

日本語学校ではありがちな話ですが、この時期に教師のクラス移動があります。
担任が変わったり、クラス数が変わったりでこれは仕方のない話。

7月から中級文法のクラスから、ド初級クラスに移ることになりました。

ド初級ですか。ドですか。いったいいつ以来だ?ああ、このとき以来か

やっぱり軽く落ち込んでます。

疲れるんだもん。肉体を酷使するんだもん。この学校久しぶりすぎて、初級の進度とかカリキュラムとかがっちり固まっていてよくわからないんだもん。

それとは別に、中級文法のクラスを抜けるのが痛い。
ついつい調子に乗って張り切って、結構先のほうまでの青写真を書いてしまい、先を見越した進め方をしているので次の人に託すのも申し訳ないし、自分自身ももったいない。張り切っていただけに、変わってしまったときのダメージは結構深い。
そのへん、気をつけて働こうと思ってたのに。ワタシもまだまだです。

やっぱり、日本語学校で先読みして仕事するとろくなことないです。
不満でも皮肉でもなく、純粋な事実。

「先読みしない」日本語学校で働く上で、実は大切なことです。

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月19日 (木)

新学期スタート

といってももう1週間以上も前のことです。すみません。ホントにスミマセン。

まずは仕事のこと。

今期は週2日、中級の読解と聴解(どちらも能力試験対策)、
初級終わりたての中級の文法と聴解を受け持つことになりました。
クラスが2つの上に、別館に行くこともなくなったので格段に楽になりました。
やっと学生の顔と名前が一致した段階ですが、それなりに楽しくやってます。

でも、幼稚園が始まる1週間も前から日本語学校の授業が始まったため、(まぢですか!!!)ナツはしばらくママ友保育室で過ごしていました。
ありがとう。本当にありがとう。

次は子どものこと。

長女ナツは幼稚園の年長さんへ。
役員決めで多少人間関係の怖さを感じつつもナツは変わりなく幼稚園へ通っております。

次女ユズは保育園の一時保育へ。
ナツと2歳違いのユズ。実はこの4月から年少さんの年齢です。
が、幼稚園には入園させず、来年からの2年保育にすることにしました。
そら別に3年保育にしたくないとか、手元から話したくないとかちうわけではないのですが、

早生まれだから同学年の子より成長が遅いとか
ぶっちゃけ子ども2人を幼稚園に入れたら生活なりたたねーよとか(月6万が飛ぶ)
そらアタシが働けばそのくらいは捻出できるけど二人入れちゃったらアタシのキャラ的に絶対役員が回ってきて、仕事どころではなくなるっしょとか、
そもそも不安定な仕事だから、きちんと働ける保証がない(震災後がいい例)から支払いが不安とか
1年待てば制服その他全部ナツのお下がりでオールオッケーだとか
だいたいアタシは幼稚園に対して期待はしてないので、別に2年でもかまわないとか

とまあ幼稚園に入れなくてもいい理由はてんこ盛りで思いつくのに、入れなければならない必然性は思いつかなかったんですよね。

というわけで、オトナの事情で幼稚園に入れてもらえず、保育園に放り込まれたユズ。もうしばらくこの生活が続きます。

老公(オット、仮名)は、3年保育に入れたかったらしいですが、「だったらテメェがカネ出すか?(要約)」という意味のことをやさしく問いただしたらおとなしくなりました。

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年3月18日 (日)

卒業式

たてつづけに2件の卒業式がありました。

ひとつは現勤務校の卒業式。
もうひとつは前任校の卒業式。

現任校の卒業式は、担当学生も少なく、かかわってきた時間も短く、まあお手伝いの意味合いで参加してきました。なので卒業パーティーにも参加せず(幼稚園行事があったので)

そして前任校での卒業式は以前担任していたこの子達の卒業式。
これはお願いして参加させてもらいました。
なんせ震災から何の挨拶もできず離れてしまった学生たちです。どうしてもその門出を見守りたかった。

それぞれが進路を決め、4月からは新たな道に進みます。
震災を乗り越え、ここまでたどり着いた彼らが本当に誇らしい。
彼らの人生に幸せが訪れることを祈ります。

時間の関係でゆっくり話すことはできませんでしたが、それぞれに一言声をかけることはできました。

でも。

もっとゆっくり話したかった。
もっと話したいことがたくさんあった。
もっと伝えたいことがあった。
もっと授業がしたかった。

仕方のないことですが、考えれば考えるほど後悔が募ります。
震災がなければ、コマがもらえれば、担当はできなくても見守ることはできたはず。
本当に仕方のないことだけど。

そして裏を返せば、
その気持ちは今の私の働き方にもつながります。
卒業式を比べてもわかるけど、わたしは今の学校で学生にも、学校自体にものめりこむことができないでいます。
やめた経緯が思っている以上に私のトラウマになり、苦しめています。
突然フラッシュバックが起こり、涙が止まらなくなったりもします。
一歩引いた形でしか学校にも、学生にもかかわれない自分がいます。

もう大丈夫だと思ってたけど、ワタシはまだ傷ついているんだな。再認識しました。

もうすぐ始まる2012年度。
あれほど望んだ「定位置」を、わたしはまだ決められないでいる。
いつまでワタシはふらふらしてるんでしょうね。
それとも本当に潮時なんでしょうかね。

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年2月29日 (水)

雪の日

ミラノコレクションというと元プロレスラーのイケメン整体師しか思い浮かばないワタシは人として終わっているのだろうか。

そんな小さなことで悩む今日この頃。おはようございます。授業準備終わりました。

外は雪です。今日は授業です。

①車で幼稚園→保育園→学校→そのまま付近の駐車場に駐車(たぶん1200円くらい)

②車で幼稚園→保育園→いったん帰宅→徒歩で学校へ

③すべて悪い夢だと信じて二度寝

どーしよーかなー。

昔なら、そんなことより学生の出席状況のほうが気になったはずですが、今の私はそんなわかりきったことではびくともしません。う~ん。オ・ト・ナ。

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月11日 (土)

お仕事はじめて1ヶ月

日本語学校に復帰して約1ヶ月がたちました。

週に2日。

担当は、中級読解・聴解・会話、初中級読解・聴解、上級聴解・日本事情。

クラスは4つ。

・・・何というか、細切れ過ぎて慣れません。

いまだに学生の名前も覚え切れていない体たらく(恥)
最近になって学生とも信頼関係ができつつあり、落ち着いてきました。
学生の国籍も、中国、タイ、ベトナム、ネパール、スリランカ、ロシア・・・などなどバラエティーに富み、反応もさまざまで楽しめるようになって来ました。

特に、非漢字圏の学生たちの読解力をいかに伸ばすか、それが今回のワタシの授業の課題になると思います。

久々に幼稚園の預かり保育に放り込まれているナツはお迎えが遅いと文句をいい(授業が午後にももつれ込んでいるため)
久々に保育園の一時保育に放り込まれているユズは毎日「今日は保育園?」とワタシに聞き、「お母さんと一緒にいる!」と泣き、引きずって保育園についたら「10時のおやつ」を前に満面の笑みで「いってらっしゃ~い」

何なんですか一体。

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月28日 (土)

インフルエンザ大流行

「そうか、暖冬の反意語は寒冬だったのか。でもどうして寒冬は一発変換できないんだろう」という38歳にして新しい語彙と疑問を抱えた極寒の今日この頃。みなさん、ウチの前の氷除去はおすみでしょうか。てゆーかして。すぐして。自転車怖いから!!

さて、先週あたりから、ナツの通う幼稚園ではインフルエンザが猛威を振るい始めました。

先週は年長さんで学級閉鎖。

今週は、年中でも月曜日から園児がバタバタと倒れ始め、ナツのクラスでは最大で9人の欠席(ただの風邪もいましたが)。
これはウチの娘も・・・と背筋の凍る思いでいましたが、しれっと健康に過ごし、クラスの欠席もピークを過ぎて落ち着き始め、やれやれと思い始めた金曜日の朝5:30。

ナツ発熱。_| ̄|○

もちろん授業です。_ノフ○ グッタリ

何で今?何で朝?と思いましたが、実は前日からいやな予感はしていたので、代講できそうな先生にはもしものときには・・・と話をしてあったおかげでとりあえず、早朝の激震にしては、何とかスムーズに代講が立ちました。

とりあえず、幼稚園は休ませて病院へ・・・ですが、インフルの検査は、発熱から6,7時間後でないと反応が出ません。逆算してお昼前に病院に飛び込むことに。

しかしその後、ナツの熱は下がり続け・・・・

11時前にまさかの平熱。

えー。

逆にすげぇ凹むんですけど。

授業できたじゃん。休まなくてよかったじゃん。
とりあえず凹みすぎて昼はマックでラスベガスバーガーがっつりやけ食いでしたよ。

ま、午後には少しあがったので(だが、どう考えてもインフルではないレベル。よかった。)結果的に休ませたのはよかったのですが。

子どもの病気で授業に穴を開けるのは、どんなに気をつけていても、丈夫な子どもでも、オットの協力があっても起こっちゃいます。
でも、こういうことがあるたびに思っちゃうんですよねー。「そこまでして雇う意味があるのか?」って。ワタシにとっての働く意味はもちろんあります。あくまでも雇う側の話。「やっぱ子育て中はイラネ」って思われちゃうんじゃないかって。

人一倍頑張るしかないですよね。
「それでもいいから来てほしい」って思われるように。

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧