« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月 7日 (水)

ダメ膝日記①

数年前に話したことがあるかもしれませんが、膝が悪いです。



高校生のころバスケの試合でクラッシュして注射器2本分の血が取れ、検査の結果前十字靭帯損傷、直すと時間かかるからもう筋肉鍛えながらもう無理しちゃダメよ(要約)



というわけで、わたしは一生マウンドにもピッチにもコートにも立てない膝になりました。リングにも上がれない。



まあ、無理しなければ日常生活や軽い運動には支障はなく(ジム通ってるし)ただ「中年過ぎたら影響出るよ」と言われてました。





あれから20年以上が経過。



高校生のわたしも立派な中年。



そう、出てます。出まくりやがってます。立派な影響が。





(影響)
・足組むとイタイ
・しゃがむと立ち上がれない
・正座つらい
・階段を駆け下りられない(上るはなんとか可)





そうこうしているうちに、雨で滑って膝から落ちて膝頭を強打。そのうち直るだろうと様子を見ながら3週間。どうにもこうにも直らないので整形外科に向かいました。それがもう2ヶ月ほど前。





↑証拠写真。両膝を包帯固定される。



んで、強打した痛みは3週間ほどで落ち着いたのですが(でもいまだに痛い。膝立ちできない。)20年以上に及んだ膝への無理は着実に積み重なっていたようで、軟骨磨り減る、関節変形、立派な「ババァの膝」の称号をいただきましたーー\(^o^)/。





飲むロキソニンと貼るロキソニンをキメて一ヶ月。電気を当てられまくり、レントゲンバシャバシャ取られて院長と面談。





平たく言うとキレられました。





院長「咲さん、これねー。一度精密検査を受けたほうがいいよ。靭帯とか切れてるかもしれないし」



ワタシ「いや、かもしれないどころでなく、20年以上前に切ってますが。」



院長「ハァ??凸(`Д´メ)それ先に言えやー。」



ワタシ「初日に言ったって!しかも2年前にここで診察受けてますがな!カルテ残ってないんかーーーい!!」



院長「治療もせずにほっておいたんかい!!」



ワタシ「手術したら1年は入院だし本気でスポーツするわけじゃなければいいって言われたし…」



院長「今は時代が違うよ。治すのが常識。オリンピック選手とか、治してどんどん復帰してるでしょ?」



ワタシ「(そら、オリンピック選手ならな!!!)」





ワタシ、しがない主婦兼教師ですよ…。





まあ、すったもんだありましたが、悪いと知りつつ放置していた膝の現状を知っとくのは悪くないと思いまして。



そもそも、今の膝、素人目でも「このままではヤバイ」と思わせる。



というわけで、仕事が暇になる12月中旬にMRI検査を受けることになりました。





さあ、ダメ膝日記、まさかのシリーズ化です。





にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 1日 (木)

夫婦は今日も仲良し9(2015新春)

ワタシ「あけましておめでとう。広島のおじーちゃんおばーちゃんからお年玉だよ」

娘「わーーい(・∀・)」

ワタシ「はい、ナツ」

ナツ「ありがとー(・∀・)」

ワタシ「はい、ユズ」

ユズ「ありがとー(・∀・)

ワタシ「はい、お父さん」

オット「( ゚Д゚)エッ?」

ワタシ「ほら、おめでとーー(・∀・)」

オット「いや、オレ大人だし…」

ワタシ「あら、いらないの?じゃあ実家に電話していらないって…(ピッポッパッ)」

オット「ちょっと待ってちょっと待って!!( ゚Д゚)」

ワタシ「なんだ、いるのか」

オット「いやー、でも申し訳ないよ(^◇^;)」

ワタシ「そう思うなら、電話してお礼でも言っときなよ」

オット「…(´・ω・`) んー、キミから電話で代わりに…」

ワタシ「自分で言えよバカ」

オット「…(´;ω;`)じゃあ、子ども達がお礼を言うタイミングで…」

ワタシ「ああ、それはイイね(・∀・)。
    ナツー、ユズー、広島のおじーちゃんおばーちゃんにありがとう言うよー。
    スカイプで。」


オット「ちょっと待ってちょっと待ってちょっと待って((((;゚Д゚)))))))」

毎年こんなん。
今年もよろしくお願いしますm(__)m

ちなみに実家から届くオトナへのお年玉、
「これで誕生日もバレンタインもクリスマスも全部ナシね」という年寄りの苦肉の策だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »