« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月16日 (水)

時計

先日は後ろ向きな日記でネッ友、リア友、双方の皆様にいろいろとご心配いただきました。m(_ _)m

やっぱりアレですよね。オムツはずしってホント親も子どもも泣きながら。私だけが特別じゃないですよね。
おかげさまで、あれからユズは昨日から急にトイレのコツをつかんだようで、フツーにトイレができるように。今までの苦労はなんだったんだ。

みなさま、励ましありがとうございます。本当にありがとうございます。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今日は全く別のお話。

携帯電話を持ち歩くようになった今、普段はほとんど腕時計をつけることはありませんが、授業のときは腕時計をするようにしています。

手元で時計を見たいこと、読解の授業で時間を計ることがあるので、ストップウオッチがほしいこと、そして教室の時計をこっそり進める輩がたまにいるのであまり教室の時計が信用できないことが理由です。

久々に復職したら、愛用の時計が動かなくなってしまってました。しかも3つ。ストップウオッチは愛用のアンパンマンキッチンタイマーで代用していましたが、やはり不便。先週、一番お気に入りの時計をやっと電池交換のために時計屋に持ち込みました。

修理カウンターに出したところ、お店の人が時計を一目見て「最近使ってます?」と聞いてきました。正直に、「ここ1年ほど使ってません」と答えたところ、噛んで含めるように説明されました。

この時計はエコドライブなので、こうやって止まってしまったのは、すべて放電してしまった状態。蓄電するためには相当な努力が必要だ。まず、3日3晩日光にさらすこと。それが難しければ、蛍光灯に4,5日あてなさい。途中で少し動き出すかもしれませんが、あせってはいけない。完璧に蓄電するまで我慢して使うように。その後は普通の生活で蓄電されるから大丈夫。

・・・・・えー。よくわかりませんが、つまりこの時計、電池入ってないってことですか?

店員「そういうことです」

(lll゚Д゚)

お金はかかりませんでしたが、咲ねえさんはそれと引き換えにたくさんのものを失いました。

ワタシなんで知らないんだ?ワタシが選んだのに。この店で買ったのに。全く記憶にない。

同行した老公(オット、仮名)に話したら、腹を抱えて笑われました。
だからオマエも何で知らないんだ?(老公からのプレゼントです)

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 8日 (火)

悩み

突然ですが悩んでます。
悩んでるし困ってるし落ち込んでます。結構深めに。

仕事に行き詰まっているわけでも家庭不和なわけでも夫が浮気しているわけでも(たぶん)ありません。

原因はユズ。ちっとも進まないユズのトイレトレ。
そして原因はユズでも、ユズのせいではない。悪いのは母親であるワタシ。わたしの心の持ちようであることも。暖かく見守ろうと思いながら、イライラと声を荒げ、落ち込み、反省し、気を取りなおしてまた怒るの繰り返し。

長女のナツのトイレトレはそりゃあもう大変でした。
2歳の春から始め、結局大丈夫になったのは、翌年、幼稚園に入ったあと。一年間、親子ともに泣きながらの挑戦でした。
そしてユズの時には焦るまいと。早く始めたからって早く外れるわけじゃあないんだと心に誓いました。
ユズはトイレトレを始めようと思った去年の夏は、トイレ拒否、パンツ拒否、はかせても泣いて嫌がって脱いで隠すという始末。
なので本人のやる気が出るまで待ち、「パンツはく」と自分から言い出したのはこの3月。ここ2週間ほどは家ではパンツ生活です。
トイレの感覚は2,3時間は空いており、パンツを濡らすことは少ない。

が。

100%トイレでできません。
自分でいうことはもちろん、出るだろうと連れて行ってもガマンしているらしく、全くダメ。
きっかけさえあればいけるらしいのですが、きっかけもつかめず途方にくれています。

下手に言葉も通じるもんだから、言い聞かせる、約束する、んで失敗して落胆し、ワタシいらいらする。

今日は絶対出るはず!というタイミングで30分もトイレにこもった末にでず、外に出て一息ついた途端放出。。。

心がささくれだってしまいジムで3時間発散。さっき戻ったところです。
結局、プレッシャーをかけても、叱っても、逆効果なこともわかっているし、わたしの気もちの持ち様が一番の問題だってわかっている。でも感情がコントロールできません。


くだらないことですが、まだ「明日からまたがんばるぞ!」とはいえないな。

はぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »