« 広島土産 | トップページ | 悩み »

2012年4月20日 (金)

イクコのてしごと

しつこいようですが、寄生虫いや帰省中の話です。

前にも言いましたが、イクコ(実母、仮名)は多趣味です。
特に手仕事系が得意なようで、昔から機械編み、籐編み、彫刻、などなどいろいろなものに手を出し、今では陶芸をひねり、皮を打ってバッグを作ります。

そしてここ2年ほどの間、昔かじっていた彫刻を復活させました。「阿修羅像を彫りたい」と。

何その壮大すぎる野望。

案の定、阿修羅への野望は遅々として進まず、イクコは阿修羅からの逃避としてお地蔵さんを彫り始めました。

これがイイ。

作った当初から、譲ってくれと頼み込み、目を盗んで持ち帰ろうともしましたが、頑としてダメ。もうちょっとたくさんできてからね、と言われてました。

今回の帰省で、そのお地蔵さんたちがずいぶん増えていました。

Photo_2 そろそろもらってもいいだろう。頼んでみるとしぶしぶと、本当に嫌そうにOKしました。

気が変わらないうちに一番右のお地蔵さんをそそくさと包んでまいりました。

でもワタシが一番気に入ったのは左から2番目の人。
これは絶対に譲ってくれませんでした。

Photo_3 その子が好きな理由。
わかりにくいですが、ちょっと出尻になってるのわかります?偶然木の形がこうなってたんですって。
この小腰をかがめた謙虚な感じがなんとも言えずにいいのです。

このお地蔵さんたち、みんな表情が違い、この人は人当たりのいい穏やかな顔。ワタシがもらったのはちょっと上から目線の小悪魔顔。(それが気に入ってもらいました)

ちなみに後ろに見えているトトロもイクコの作品。
これを昔ちょろまかして帰ったためイクコは私の手癖に敏感です。

そのほか、我が家にはイクコの手による急須、ポット、皿、子どもの食器、財布、ブックカバー、ランプシェード、Tシャツなど溢れています。どれもこれもセンスのよいもの。
芸術性よりも、使いやすさを追求するため、自分では芸術家というより職人だといっています。

ワタシはあいにくそっち方面の才能も興味も皆無な人間ですが、美術教室に通い、最近めきめきとセンスの良さを発揮しつつある長女のナツ。
親の欲目ですが、イクコの才能を受け継いでほしいと思ってます。

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ

|

« 広島土産 | トップページ | 悩み »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511259/54513671

この記事へのトラックバック一覧です: イクコのてしごと:

« 広島土産 | トップページ | 悩み »