« 授業開始 | トップページ | ロッキーマウンテン »

2012年1月15日 (日)

ナゾの手紙

初授業の混乱と興奮が冷めやらぬ週末。
受験生の皆さんはセンター試験でしょうか。こんばんは。むしろおはようございます。

授業についてはもう少し落ち着いてからご報告。
とりあえず、「別館の存在を授業開始5分前に明かすのん禁止」とだけ言っておきます。

さて、初授業の疲労と混沌の(ちょっと変わった)覚めやらぬころ、2日ほど前にナゾ過ぎる手紙がワタシ宛に届きました。

Photo ←これ。

差出人はGlobal Entry Allocation なる会社。発信地は中国の上海。
中には美しくも非常にわかりにくい日本語がちりばめられた4枚の紙が入っており、わかりやすくいうと、

「アンタは幸運なことに10億円以上があたる懸賞に応募することができるよ。ウチがかわりに手続きしてやるから、登録料一万円を振り込んだ上、ここに連絡してこいや」ということ。

ちなみに返信先住所はカナダ。ナゾすぎる。

えーー。

とりあえず、引っかかる人いるんですかね。

あまりに怪しすぎて、どうしていいかわからなかったのですが、ネットで検索してみると、どうも不特定多数の人に同じようなものが届いている模様。このまんま放置で大丈夫そう。

にしてもこれからわかることは、ワタシの名前と住所が中国にのデータバンクにもれているということ。一体どっから?

とかんがえても、可能性は無限にあります。あんまりヘンなころに登録はしないようにしているけど、私がこよなく愛する楽天通販も過去に流出がありましたし、身近なことでいえば、ナツの幼稚園はこのご時勢に住所と電話番号をきっちり書いた名簿を配布している。

上海にそーゆー業務をしている拠点があって、情報を集め、発送しているのですね。ま、純粋に切手代だけを考えても、日本で出すより安いし。(4.2元)

ちなみにこの通知の文章。文法的には間違いはないが、どうにもこうにもわかりにくくつかみどころがない。なんか気持ち悪い文章。たぶん受け取った人みんな思っているんじゃないかな?↓こんな感じ。

(抜粋)「この度GEA資産調査証明書にて当選者への支払いが証明された、総額\1,000,000,000を超える高額懸賞に対し、あなたにエントリー資格があることが確認されました。GEAは、セキュリティ対策を施したデータバンクに当該証明書の情報を保管しております。あなたから返信と手続き実施の許可を賜り次第、私どもは喜んで、あなたに変わってエントリー手続きを実施いたします。なお、当該懸賞は、・・・・」

ワタシには割りとなじみがある言い回しです。
おそらく、日本語の上手な中国人が中国語の文章を翻訳したか、翻訳した文章を日本人がチェックしたかのどちらかだと思います。(ワタシにも経験があるけど、本当に日本語らしく手直しすると全文書き直しになるのでわかりにくい文章になりやすい)

日本人が書く文章ではない。

まあ、同じものが手元に届いて不安におののいている方もいると思うので、ここにさらしておきます。

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ

|

« 授業開始 | トップページ | ロッキーマウンテン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511259/53739175

この記事へのトラックバック一覧です: ナゾの手紙:

« 授業開始 | トップページ | ロッキーマウンテン »