« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月28日 (土)

インフルエンザ大流行

「そうか、暖冬の反意語は寒冬だったのか。でもどうして寒冬は一発変換できないんだろう」という38歳にして新しい語彙と疑問を抱えた極寒の今日この頃。みなさん、ウチの前の氷除去はおすみでしょうか。てゆーかして。すぐして。自転車怖いから!!

さて、先週あたりから、ナツの通う幼稚園ではインフルエンザが猛威を振るい始めました。

先週は年長さんで学級閉鎖。

今週は、年中でも月曜日から園児がバタバタと倒れ始め、ナツのクラスでは最大で9人の欠席(ただの風邪もいましたが)。
これはウチの娘も・・・と背筋の凍る思いでいましたが、しれっと健康に過ごし、クラスの欠席もピークを過ぎて落ち着き始め、やれやれと思い始めた金曜日の朝5:30。

ナツ発熱。_| ̄|○

もちろん授業です。_ノフ○ グッタリ

何で今?何で朝?と思いましたが、実は前日からいやな予感はしていたので、代講できそうな先生にはもしものときには・・・と話をしてあったおかげでとりあえず、早朝の激震にしては、何とかスムーズに代講が立ちました。

とりあえず、幼稚園は休ませて病院へ・・・ですが、インフルの検査は、発熱から6,7時間後でないと反応が出ません。逆算してお昼前に病院に飛び込むことに。

しかしその後、ナツの熱は下がり続け・・・・

11時前にまさかの平熱。

えー。

逆にすげぇ凹むんですけど。

授業できたじゃん。休まなくてよかったじゃん。
とりあえず凹みすぎて昼はマックでラスベガスバーガーがっつりやけ食いでしたよ。

ま、午後には少しあがったので(だが、どう考えてもインフルではないレベル。よかった。)結果的に休ませたのはよかったのですが。

子どもの病気で授業に穴を開けるのは、どんなに気をつけていても、丈夫な子どもでも、オットの協力があっても起こっちゃいます。
でも、こういうことがあるたびに思っちゃうんですよねー。「そこまでして雇う意味があるのか?」って。ワタシにとっての働く意味はもちろんあります。あくまでも雇う側の話。「やっぱ子育て中はイラネ」って思われちゃうんじゃないかって。

人一倍頑張るしかないですよね。
「それでもいいから来てほしい」って思われるように。

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月26日 (木)

悪夢というか妄想

授業準備が終わって布団に入る。

うとうととまどろんだ頃に「チャイムがなってドアを開けたら全裸のオット(注:前だけ隠していた)が立っていた」という悪夢を見て飛び起きました。

あれからオットを避けています。(ビックリするほどとばっちりです。)

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月22日 (日)

ロッキーマウンテン

最近残業続きでお疲れ気味の老公(オット、仮名)。「がっつりと食べ放題したい」という要望をかなえるべく(注:おごり)比類なき巨大ショッピングセンター、イオンレイクタウンに行ってきました。

ま、食べ放題についてはウチでは日常といっても過言ではないので割愛。

そのレイクタウンでこんなものを見つけました。↓

Photo ロッキーマウンテン・チョコレートファクトリーにて。

キャラメルアップルなる代物。ピーナッツコーティングをチョイス。

文字通り、りんご丸ごとにキャラメルをコーティングしてピーナッツ、その他のトッピングを施したアメリカ版りんご飴とでもいう食べ物です。

大きさ比較のためにおかれたケータイは老公の優しさです。
うん、これはきっと喉の奥まで焼けるほどに甘いだろうと予想させるルックスだ。

Photo_2 とりあえずまんま齧るのもはばかられ切ってみた。

うん、りんごだ。予想以上にりんごだ(当たり前だが)

たとえ二人がかりとはいえ、一個丸ごと食えるだろうかと心配していたが、その味はほぼりんごだ。(だから当たり前)

芯は紅玉というアップルパイなどに使われる酸味の強いりんごのせいか、重さや甘さをそんなに感じることなく、二人でぺろりと完食。

そのほか、量り売りのチョコレートなども買ってみましたが、それはウマイが甘かった。思ったとおりのアメリカン。

老公は「よくある高級チョコレートよりもこういうほうが好き」と言っておったが、この一粒でガーナが何枚買えるかわかっているのか。言ってみろ、さあ言ってみろ。(たぶん2,3枚)

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

ナゾの手紙

初授業の混乱と興奮が冷めやらぬ週末。
受験生の皆さんはセンター試験でしょうか。こんばんは。むしろおはようございます。

授業についてはもう少し落ち着いてからご報告。
とりあえず、「別館の存在を授業開始5分前に明かすのん禁止」とだけ言っておきます。

さて、初授業の疲労と混沌の(ちょっと変わった)覚めやらぬころ、2日ほど前にナゾ過ぎる手紙がワタシ宛に届きました。

Photo ←これ。

差出人はGlobal Entry Allocation なる会社。発信地は中国の上海。
中には美しくも非常にわかりにくい日本語がちりばめられた4枚の紙が入っており、わかりやすくいうと、

「アンタは幸運なことに10億円以上があたる懸賞に応募することができるよ。ウチがかわりに手続きしてやるから、登録料一万円を振り込んだ上、ここに連絡してこいや」ということ。

ちなみに返信先住所はカナダ。ナゾすぎる。

えーー。

とりあえず、引っかかる人いるんですかね。

あまりに怪しすぎて、どうしていいかわからなかったのですが、ネットで検索してみると、どうも不特定多数の人に同じようなものが届いている模様。このまんま放置で大丈夫そう。

にしてもこれからわかることは、ワタシの名前と住所が中国にのデータバンクにもれているということ。一体どっから?

とかんがえても、可能性は無限にあります。あんまりヘンなころに登録はしないようにしているけど、私がこよなく愛する楽天通販も過去に流出がありましたし、身近なことでいえば、ナツの幼稚園はこのご時勢に住所と電話番号をきっちり書いた名簿を配布している。

上海にそーゆー業務をしている拠点があって、情報を集め、発送しているのですね。ま、純粋に切手代だけを考えても、日本で出すより安いし。(4.2元)

ちなみにこの通知の文章。文法的には間違いはないが、どうにもこうにもわかりにくくつかみどころがない。なんか気持ち悪い文章。たぶん受け取った人みんな思っているんじゃないかな?↓こんな感じ。

(抜粋)「この度GEA資産調査証明書にて当選者への支払いが証明された、総額\1,000,000,000を超える高額懸賞に対し、あなたにエントリー資格があることが確認されました。GEAは、セキュリティ対策を施したデータバンクに当該証明書の情報を保管しております。あなたから返信と手続き実施の許可を賜り次第、私どもは喜んで、あなたに変わってエントリー手続きを実施いたします。なお、当該懸賞は、・・・・」

ワタシには割りとなじみがある言い回しです。
おそらく、日本語の上手な中国人が中国語の文章を翻訳したか、翻訳した文章を日本人がチェックしたかのどちらかだと思います。(ワタシにも経験があるけど、本当に日本語らしく手直しすると全文書き直しになるのでわかりにくい文章になりやすい)

日本人が書く文章ではない。

まあ、同じものが手元に届いて不安におののいている方もいると思うので、ここにさらしておきます。

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月11日 (水)

授業開始

おはようございます。

昨日から幼稚園が始まり、今日から授業が始まります。
冬休みの間くっちゃねくっちゃねしていた自堕落な生活を正すため、今日から朝型生活復活です。

ちなみに現在朝5時。

就寝は9時

起きたの2時。

またこの生活が始まる・・・・_| ̄|○

そう、ナーバスです。思いっきりナーバスです。
何度繰り返しても、どれだけ準備しても、初めて入るクラスは不安です。
クラス授業は教師と学生のキャッチボール。ペースをつかむのに時間がかかるし、最初はお互いの探り合いになります。
場合によっちゃ、授業準備の方向性がまったく合わないことも。

はぁ。。。行きたくない。

でもがんばる!

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

明けましたー。

料理して掃除してそば食って松本アウトー!を見て年越しプロレスを見て大家さんの流血に絶叫してそして今はおもしろ荘を見ながらこれを書いています。
みなさん、あけましておめでとうございました。

ホントは12月のうちに書きたかったつれづれがあるのですが、テレビに夢中でかけませんでした。ので、年明け一発目でひとつ。

大きな震災、モノ不足、停電、放射能の恐怖、留学生の減少による失職、などなど・・・。皆様にとっても同じでしょうが、去年はわたしにとってそれこそ価値観がひっくり返るような、激動の一年でした。

仕事においては、わりと真剣に日本語教師に見切りをつけて、別の仕事をしようと考えていましたし、私生活では、家族でいることの意味、大切さを深く深く考えました。多くは語れないがこんなこともあったしな!

今までみたいな生活はできないかもしれない。何かを変えるべき時期なのかもしれない。いろいろとシリアスに考えながらも、ふと気がつくと、私は同じ家族と同じ場所にいる。そして今までと同じ生活をしてこれからは同じ仕事にも復帰する。

でも、気持ちの中で何かが確実に変わっている気がするのです。
そんないつもと同じ毎日、同じ人々、同じ家族を守りたい気持ち。大切に思う気持ち。感謝する気持ち。

そんな気持ちを持ちながら、
今年一年、またいつもの日々を大切にすごしたいです。
そして一人でも多くの人が笑顔で過ごせますように。

こんなワタシですが、今年も宜しくお願いします。

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »