« 募集中 | トップページ | ナゾの店その後 »

2011年11月29日 (火)

節操もプライドもないように見えるかもしれませんが

唐突ですが、面接を受けてきました。

震災後、仕事にあぶれて8ヶ月。4月期、7月期、10月期とコマは用意してもらえず、(これは状況とワタシの立場を考えると納得。ホントに厳しい状況ですし、優先されるべきはもっと長く勤めている先生ですので。)これは本気で別業種への転職かしら?と預金通帳を見つめながら思いつめていたところ、

ユズ出産前まで勤めていた学校からアプローチがありました。

そう、アノ学校

以前から、節目節目に復帰の打診はあったのですが、冷たくなりすぎない程度、期待をかけすぎない程度、まるでイケイケおねーちゃんがアッシーをキープするかのごとく態度(古!)で当たり障りなく断っていました。

しかし、日本語学校がキュウキュウのこのご時勢なのにどうも急な求人があるご様子。
なので「よければアタシをもらってくれない?」的なメールをしてみたところ、「すぐ来て!すぐ会いたい!つーかいつ?」のようながっついた(暴言)お返事が来ました。ありがたいことです。

急なことなので、ユズを伴い恐縮しながらお会いし、話をうかがったところ、
・回らないわけではないが、学内もちょっと閉塞した感じがあるので、ここいらで新鮮味を加えたい
・できる先生を確保しておきたい

その他もろもろここには書けないオトナの事情もあり、よければぜひ来てほしいと。
以前から過分なほど私のことを買っていただき、目をかけてもらっていたのですが、変わらず評価していただけているのはありがたいことです。

ワタシのほうからも、
・時間的日数的にかなり制約がある
・少なくともユズが小学生になるくらいは気楽な非常勤でボチボチやりたい。
・それでよければぜひ。
・授業だけはええもんしまっせ。
・でも過度に期待されても困る。
・あと「ワタシしか上級はできない」てな状況ももう勘弁

とまあ、話しているうちに過去の思い出がよみがえって多少ヒートアップしてしまったのですが、こちらの要望は伝えました。

1月からお世話になる運びになりそうです。

ユズを妊娠して退職するときにはずいぶん失望し、泣き、悩み、「もう戻らない」という悲壮な決意もしたもんですが(わからない方は「日本語教育」のカテゴリーを拾い読みしてみるとヨイです)、そんな決意、金欠の現状では塵に等しいです。

プライド?何それ。(暴言)

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

↑日本語教師を目指す方とか、まじめに日本語教師をしている方には「何考えとるんじゃワレ」と思われるかもしれません。ゴメンネ。

このままおちゃらけているとひどいダメダメ人間と思われてしまうかもしれないので、まあ、一応、真面目に主張しておきます。

ワタシはプライドの高い人間です。
プライドを持つということをとても大切にしていますが、同時にイザというときにプライドを捨てる勇気というのもとてもとても大切にしています。

この業界(他業界もそうかもしれませんが、わたしはこの業界しか知らないので、限定して話します)本当に伸びる人はプライドを持って仕事する人ではなく、必要がある場合そのプライドを捨てられる人だと思っています。自分の子どもほどの人からあごで使われたり、教えを乞うことになったりが普通に起こる業界です。

そこで、プライドを捨てられず、業界を去る人もたくさん見てきました。

だから、今この社会情勢で、もう別業種への転職も本気で考えているような現状で、過去のいろいろにとらわれている場合ではないと思いました。

まあ、時間がたってすべて美しい思い出になりかけてるってのもありますが(笑)

だからほらね。
あんだけ二度と戻らないだの、最後のプライドだのと騒いでおきながら、最終的な退路だけは絶ってないでしょ?

日本語教師は自分の腕とコネだけが頼り

わたしが何度も言っていることです。
一度つかんだコネは離してはいけない。日本語教師の鉄則です。

長くワタシのブログを読んでくださっている方から見れば、節操のない選択に見えるかもしれません。でも後悔も迷いもないし、お世話になるからには信頼し、精一杯勤めます。もともとこれはと見込んだ学校だったし。
(この経緯を笑い話のネタにはするでしょうが)

昨日お話したときに、前回の退職のことは重ねて詫びられましたし、私の中では許してもいいというレベルになっています。一生忘れませんが。

「こういっては何だが、アナタが辞めた後は本当に大変だった」とも言われました。それについては「それはワタシの感知することではない」とハッキリと伝えました。

いろいろあるたびに本当に感じます。
捨てる神あれば拾う神あり。

まあ、今回に限っていえば、捨てたのも拾ったのも同じところだけどな!!

>根には持っているらしい

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ

|

« 募集中 | トップページ | ナゾの店その後 »

仕事・日本語教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511259/53360546

この記事へのトラックバック一覧です: 節操もプライドもないように見えるかもしれませんが:

« 募集中 | トップページ | ナゾの店その後 »