« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月28日 (木)

帰省します

そんな当たり前の報告をしていなかったことにたった今気づいた37歳。

しかも今空港です。

今回初めてリムジンバスを使いました。
2歳と4歳を連れて、電車とどっちが楽だったかはわかりませんが、大宮駅でクリスピークリームドーナツを買えたのでオッケェです。


さあ、父よ母よ!未体験の甘さに震撼するがいい!ふははははははは

行ってきまーす

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月24日 (日)

休日

結婚して7年。

ナツが生まれて5年。

ユズが生まれて2年半。

今日、老公(オット、仮名)が、初めてチビ2人を連れて外出しています。

電車に乗って、遠くのショッピングセンターまで行ったのですが、・・・・・大丈夫か?

つかの間の一人時間をずっとやりたくてもできなかった「衣替え」と「エアコン掃除」で過ごしています(もうすぐ8月です)

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月19日 (火)

おしごと

台風と幼稚園の夏休みが同時に近づいてくるのが怖くてたまりません。

そんな大風の火曜日。咲ねぇさんですこんばんは。

久しぶりにお仕事のことです。
学校から連絡があり、7月期の授業も持てませんでした。ふぅ。
まあ、この社会情勢と、学校での私の立ち位置を考えるとしょうがないですね。(勤務期間が一番短い)
そろそろ教壇に立ちたいのが本音ですが、まあない袖は触れませんから。

おりしも前任校から「そろそろ復帰しませんか」という打診も。
いっそそっちに乗り換えちゃおうかしらとも思うのですが、ちょっと待て。

ウデがあるからどこでも働ける
ここが駄目なら別の学校へ

結局のところ、このワタシのスタンスが、現状のワタシの立ち位置を作ってるともいえなくもないんですよね。
多少「いいように使われている」と思えても、グッと飲み込んで腰をすえて続ける。
それでこそ、結果的に学校の信頼も得られ、重用され、コマも安泰するってもんでしょう。

なのに結局、目先の利益とプライドでふらふらとしてしまうワタシ。
なにをやってるんでしょうね。
結婚して関東へ移り、教師を再開するときの目標が「もう学校をふらふらしないぞ、長く付き合える学校を探そう」だったのに・・・・
結局のところ、進歩も成長もしていません。

でも、「そういう我慢が日本語教師の社会的地位を下げてるんでねぃの?」と思っちゃうのもまた本音。

咲ねぇさん、40を目前にして子育て&模索中。

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月14日 (木)

スースーウォーター

昨夜、老公(オット、仮名)が「キミにプレゼントがある」と満面の笑みで差し出されました。

Photo ←これ。

「あげるから飲んでみて」と満面の笑みでいわれましたが、こらまて、ちょっとまて。

オマエがそんな顔でいうことに裏がないわけがない。
多少手荒に(首四の字)問い詰めたところ、吐いた。

「ネットで『世界一まずいジュース』と話題になっている。早々に店舗から消えるかもしれないから買ってきた」

そんなことだろうと思ったよ。

なら飲んでみろ、オマエが飲んでみろ、いいやお前が飲め今すぐ飲めといさかいになりましたが、ここは痛みわけで二人で飲んでみることに。
好奇心はあるが一人ではちょっと怖いという気持ちもなくはない。そこは老公もきっと同じだ。

飲んでみた。

うまいとかまずいとかのレベルの問題ではない。なんじゃぁ、こりゃぁぁぁぁぁ(松田優作風)

例えるなら、「フリスクに砂糖を混ぜて液体にしたらこんな感じ。」
一口飲むとフリスク的なミントの刺激が口いっぱいに広がり、二口目はのどいっぱいに広がる。三口目は胃袋に広がり、もう飲めない。そしてその後20分は胃袋にスースー感が居座り、もたれるわ!

500mlも飲めるか。たぶん体壊すぞ。

Photo_2 箱の横サイドには「スースーマンが憧れる冷子」なる女が「この感覚、くせになりそう」と言っているが、オマエ病院行ったほうがいいぞ。

老公も私も残りのスースーウォーターを飲み干すことを拒否したので、今日、幼稚園のお迎えに持っていって、ママ友に振舞おうと思います。大変楽しみです。

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »