« 今年も温泉 | トップページ | 遠足・・・ »

2011年5月 7日 (土)

小学校のお仕事

GWも一段落した今日この頃、一段落しないのは酒池肉林の後の体重かしら?キャハ☆

さて、今日はもうひとつのお仕事の話。

小学校の日本語補助です。パソクラッシュとか地震とか帰省とかのゴタゴタですっかりご報告が遅れてしまいました。

結論から言うと、受け持っていた子(今度6年生)は3月で終了。それを機に、新年度の日本語指導員としての登録は継続しないことにしました。

まず、担当の子を終了した理由。

もちろん、「日本語が上達した」というのが理由になるのですが、そもそもこの子は日常会話は問題ないレベルで、しかし授業内とか、テストのときの日本語に苦しんでいるという理由で私に話が来たんですね。

んで、3ヶ月ほど接してみた12月の結論が、(日本語レベルの問題か、学力不足の問題か、やる気の問題か、よくわからん)というものでした。

んで、担任の先生と相談し、本人の希望もあり1月以降も継続していたのですが、その中で私にもだいぶ見えてきたものがあります。

①まず、本人は小学校卒業後、日本でもない、育った国でもない、第3国に移住予定。そして、留学でもしない限り、日本の学校に戻ることはないだろう。

②そのため、英語力の向上に力を入れている。

③ご両親も日本の学校教育というより、娘をバイリンガルにすることに力を入れたいようだ。

そんなこんなで、ご両親は小学校の成績だのテストの出来だのにはまったく興味はなし(渡しても見ないそうだ)。英語だの中国語だのの教室には通っている。
本人も「こんな勉強しても役にはたたん」という意識があるのが見えてきました。できなくても問題ないと。それよりもむしろ英語力が下がるほうが問題だと。

だから、小学校の授業に身が入らず、成績も悪い。興味のある分野では、95点とったりもするんですが、ひどいときには0点も。

3ヶ月以上付き合って、少しわかってきました。
これは、日本語力の問題でも、学力の問題でもない。
家庭環境と本人のやる気の問題であると

ご両親の考えと、本人の考えと能力が見えた上で、サポートの立場である私はどうするべきか。私は「日本語補助を終了し、小学校の授業に戻すこと」を強く主張しました。

ご両親や本人が日本の小学校教育の内容に興味がないなら、だからこそ、外野の私たちは、本人に今、ここでしかできない経験をさせてあげるべきではないか。
卒業までの1年間、2度と体験することのない日本の学校生活を満喫させることが、今後の彼女の人生によりよい影響を与えるのではないか、
日本語のサポートも、授業のサポートも学校外でできる。むしろ今、わたしと2人で日本語や授業内容のおさらいをしている時間がもったいない。

担任の先生も、学校も了承していただけました。

まあ、3月には行ってからは、地震やら何やらで実質ほとんど授業はできなかったのですが。
私が何かを彼女に伝えられたかどうかはわかりませんが、少なくとも、「日本の小学校で学んだ」という経験が、彼女の人生に何かを残してくれることを祈ります。

さて、この半年間の経験で、つくづく思ったのは、1日2時間、週に2日のために時間を空けておくのはとても負担であること、そして「ワタシにはまだ子ども教えるのムリ」ということでした。

「儲けることは考えない、経験として」と思っていても、日本語学校と掛け持ちしてしまうとやはり比べてしまい、子ども預けて行っている身では、難しいなあと感じました。
仕事とはいえ、ボランティア精神でないとだめだと。そして、私はまだそういう境地には至れない。

「子ども教えるのムリ」ってのは、周囲に小学生も中学生もいない生活で、この子の問題は日本語力なのか、学力なのか、それともこのくらいはこの年の子で普通なのかというのが判断できなかったんです。
大人を教えるのと違って、発展途上の子どもを教えるのは、「普通」がどこにあるのかわからず、本当に苦労しました。

結局、自分の子どもが小学生ぐらいになって、小学生に接する経験をつんで、ある程度生活や気持ちに余裕がないと続けられない仕事なんだなとつくづく思ってしまい、3月でリタイアする決心をしました。

まあ、決心の直後に震災が起こり、結果的に日本語学校も失職するとはねぇ。。。。

あ~~~~~~、のこしとけばよかった~~~~~仕事(の可能性)

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ

|

« 今年も温泉 | トップページ | 遠足・・・ »

仕事・日本語教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511259/51366993

この記事へのトラックバック一覧です: 小学校のお仕事:

« 今年も温泉 | トップページ | 遠足・・・ »