« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月28日 (日)

ファンタ

Photo 老公(オット、仮名)が買ってきた、ファンタの期間限定ボトル。

中身は320mlくらい。(たしか)

このボトル、持ちにくい、中身少ない、クルマのドリンクホルダーに入らない、ペットボトルのゴミ箱に入らない(直径が)、持ち歩くにもかばんの中でジャマ・・・

「見た目がかわいい」以外にいいことが何一つないんですが。

・・・・・・何故作った。
そして、何故買った、老公。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月24日 (水)

あきらめない老公

昨日のアプリを懲りずに試す老公(オット、仮名)

ユズはドイツの守護神、オリバー・カーンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月22日 (月)

オットがまた手に入れました

前回に続いて、老公(オット、仮名)が「撮った顔写真でどんなセレブに似ているかわかっちゃうアプリ」なるものをゲットしました。キサマいい加減にしろや。

ワタシはマリリン・モンローに似ているそうです。(68%)
次点がBOAちゃん。ヤッターーー(◎´∀`)ノ

ちなみにユズが似ているのは小澤征爾でした。信用できるか!こんなアプリ。

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

小学校の日本語指導

すいません。

今日はいくら考えても更新が滞った理由が思いつきません。

まあ、そういう日もあるさ(開き直り)

とまあ、そんなこんなで今日は小学校の日本語補助のお話。

すっぽかされたり、ドタキャンしたり(ナツの病気で)短縮されたり、「まあ、どっちもどっち」な感じで続いている小学校での日本語指導。気が付けばそろそろ2か月になりましょうや。

2か月もたてばいろんなことがわかってきます。そう、「ワタシこの仕事向いてないかも」ってことも。

現在の対象児童リンちゃん(仮名)。日常会話はほとんど問題ないが、授業の日本語とかについていけてない。(日本で教育を受けていないから)加えて漢字もすごく弱い。
そこを強化することを目標に、あれやこれやとやってみた2ヵ月間の感想。

「これ、もしかして日本語じゃなくて学力の問題じゃね?」

つまり日本語力の問題ではなく、単純に本人の学力不足ってこと。
過去のテストとかも借りて、復習してみたら、どうもその気配が濃厚です。だとしたら、ワタシなんかが相手するよりとっとと塾なり何なり通わせたほうが有益でしょう。

とはいえ、なんせわたし自身が身近で小学生なんぞ相手にしたことがないもんだから、このくらいの理解度がこの年で普通なのか、足りないのか、日本語力が普通なのか、足りないのか、見当がつかねぇ。また、どのくらいまで頭ごなしに叱り飛ばしていいもんやらわからない(相手が大人なら、大人として扱うからいろいろと加減できる)。果たしてワタシ役に立ってるのかどうか。完全に己の存在意義を見失ってる今日この頃です。

これが、「日本語がわからない」という明確なダメさ(笑)があれば、学力が高かろうと低かろうと、目標も上達度合いもわかるんですが、なまじ日本語はだいたいできちゃうからねぇ。(ため息)

担任の先生も、その辺のところは感じてらっしゃるようで、「日本語ではなく学力の問題なら打ち切りで」と。だからワタシには判断できませんて(泣)

つくづく、自分の子どもがこのくらいになってから始めればよかったです。子どもと身近に接するようになってからでないと、「子どもの日本語力」を判断するのは難しい…

いろいろと悩みながら、今日はナツのために遊園地でプリキュアショーを見てきました。
多少ヲタ臭のする相方(オットとも言う)と暮らしているため大抵のことには驚きませんが、プリキュアコスのカメラ小僧を見たときには素直に引きました。
「コスプレしてるおねぃさんを撮るカメラ小僧」なら理解できるのですが。。。

だって相手きぐるみじゃん。

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月13日 (土)

疲弊中

おはようございます!(さわやかな笑顔で)

うん、言いたいことはわかってる。ブログ放置しすぎ。ごめんねー。

だって咲も大変だったんだもん♪(かわいく)

ことの始まりは先週の金曜日。保育園から「ユズちゃんお熱ですよ」の電話から。

小学校の仕事を平謝りでキャンセルし、ユズをお迎えに。
帰宅後はあっさり熱が下がりほっと一息。

土曜日 ナツが嘔吐

日曜日 ナツ、嘔吐に加え下痢。夜に発熱。

月曜日 引き続き発熱

火曜日 やっぱり発熱

水曜日 まだまだ発熱

木曜日 熱は下がるも幼稚園はお休みに。

金曜日 復活

原因は指定伝染病であるところの咽頭結膜熱、いわゆるプール熱らしい。この秋も深まる季節にプール熱て、と突っ込みを入れたくなりましたが、ある話なんだとか。(プール熱とは、水やタオルの供用を介して感染しやすいことからだそうな。)
現にユズが通っている保育園でも数人でてます。
高熱が数日続き、治療法は「下がるのを待つ」だけという働く母親にはヒジョーに厄介な病気。
外出できずに暴れまくる二人の娘と、外出できずに日々消耗していく冷蔵庫の中身と、授業の折衝で肉体的、精神的に消耗しきってます(泣)

ウチが住んでいる地域は、子育て支援が充実しており、病児保育なんかも他の地域に比べたら相当いいのですが、やはり優先は認可保育園の園児。結局入れず。

普段ならこんなとき、嬉々として(?)有給を取得する老公(オット、仮名)も、どうも職場の同僚が緊急手術をしたり、骨折したり、上司がリンゴ病にかかったり、そうそう休める雰囲気ではないそうな。
その職場、人知を超える部分で問題ありじゃね?早めに対策したほうがいいと思うよ。(お祓いとか)

それでも1日休んでくれました。「キミが出るまで寝てるから起こして」という言葉は忘れないけどな!

やっと回復して一息ですが、新たな心配が。

この病気、感染力が強く(指定伝染病だもん)潜伏期間は5~7日。

・・・来週ユズが同じ状態だったらワタシ当てもない旅に出るかもしれません。

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »