« 母からのメール | トップページ | 失って気づく大切なもの »

2009年3月31日 (火)

親不知

出産後、ちょっと落ち着いたので歯医者に通っています。

そもそも治療を始めたとたん妊娠が発覚、その後小さい虫歯はほったらかしにしてありました。
老公(仮名、オット)が育休中に進めておいたほうがよかろうと。
んで、今後の治療方針を相談中にうっかり「オット育休中」ともらすと、強硬に「親不知を抜かせれ」と勧められました。
「ご主人がいるなら、抜歯後しんどくてだらっとしていても大丈夫だろう」と。

というわけで、先日親不知を抜いたのですが、老公はその翌日から絶妙のタイミングで出勤しやがりました。

ワタシに恨みでもあるんか、キサマ。

しかも2日後にはお宮参り。顔腫れたまま行きました。

落ち着いて考えたら、どうしてわたしは今抜歯をしたんだろう。
何かに取りつかれていたとしか思えません。

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ

|

« 母からのメール | トップページ | 失って気づく大切なもの »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511259/44517896

この記事へのトラックバック一覧です: 親不知:

« 母からのメール | トップページ | 失って気づく大切なもの »