« 老公の育休 | トップページ | 老公の育休2 »

2009年3月 8日 (日)

わたしは弱虫です

先日、7月末に辞めた日本語学校の卒業式がありました。
辞める前に、学生からは「卒業式には絶対に来てください!」と言われてました。

でも、行けなかった。
ユズを生んだばかりだから。
その日は新生児の訪問指導があるから。
はい、全部言い訳です

たかだか2時間、老公(育休続行中)に預けられる時間だし、訪問指導は変えられる。
行けばきっと学生は喜んでくれるし、わたしだって学生の門出を祝いたい。
でも、どうしてもできませんでした。

それは、私が弱虫だから。
良くも悪くも、わたしは学生への思い入れが強い教師です。
その自覚があるからこそ、必要以上に学生と接触することは避けていました。
その自覚があるからこそ、平常心で卒業式に臨める自信がない。
自分の中のわだかまりと、学生への思い入れを閉じ込めておく自信がない。
そんな個人的な感情で、学生へのはなむけの機会を棒に振りました。
せめてもの気持ちとして祝電だけおくって。
行くことが、一番学生が喜ぶことだとわかっていたのに。

わたしは、弱虫です。

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ

|

« 老公の育休 | トップページ | 老公の育休2 »

仕事・日本語教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511259/44285434

この記事へのトラックバック一覧です: わたしは弱虫です:

« 老公の育休 | トップページ | 老公の育休2 »