« メリークリスマス! | トップページ | おせち料理 »

2008年12月29日 (月)

火鍋最高!

第1回!
「子ども産んだらしばらく会えないから今のうちに逢いたい人に会っとけ大会!!!」

というわけで、旧サイトでもおなじみ、済南での元同僚S嬢に連絡を取り、数年ぶりに会ってきました。老公(仮名、オット)にナツを預け、池袋でランチです。
せっかくなので、こちらもおなじみ、元奴隷Dも連れて行きました。

さて、中国の同士が集まったら、私には野望がありました。

「シャレで火鍋が食べたい。」

Photo 用意周到に事前に調べておいた店が実は夕方からの営業だったというごくごくありきたりで取るに足らないおちゃめなアクシデントもありましたが、無事に食べてきました、火鍋。

「妊婦がそんな刺激の強いものを食ってもよいのか?」と、二人が口をそろえて言っていましたが、いいんです。(たぶん)

火鍋とは、重慶火鍋のことです。ご覧のようにからーいスープと薬膳(海鮮の場合も)スープの2色からなるしゃぶしゃぶのようなもの。
済南4人娘の冬の最大のお楽しみであり、ソウルフード(ちょっとちがう)でした。

火鍋を味わうには、いくつかのローカルルールがあります。

1.白湯ばっかり食うな(辛いほうが余る)
2.越境禁止(すべてが辛くなる)
3.あふれさせるな(すべてが辛くなる)
4.タレは分けよう(すべてが辛くなる)
5.お玉は分けよう(すべてが(以下略)

早い話が、「白いほうと赤いほうをいかに混ぜないか」が火鍋を最後までおいしくいただくコツです。写真で浮かぶ赤唐辛子を見てもわかるように、ちょっと気を抜けばすべてが汚染されるい恐るべき破壊力。
「じゃあ、白いほうだけにすれば」というのは素人のあさはかさ。なけりゃないで物足りないのが赤色スープです。

「今、白菜が越境した」
「赤につけた箸をすぐ白につけるな」

などやいのやいの言いながら3人で数年ぶりに食った火鍋のうまかったこと、うまかったこと。
あらためて、本気であの鍋がほしいです。
思い出話ともあいまって、涙もんでしたよ。
中国から帰ってもう7年、お互い「変わらないね~」などと言いつつ、話題の中心は、「腹についた肉が取れない」でした<笑

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ

|

« メリークリスマス! | トップページ | おせち料理 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
咲さんは中国の済南にいたんですね。
私も何度か済南の外国語学校を訪ねたことがあります
また、山東師範大学とは縁が深く、東京での山東人の集まり
『済南倶楽部』に入っています
(私は北京の大学でしばらく教えていましたが)

火鍋、食べたいですね〜
なつかしい、、、
東京でおいしい火鍋食べさせてくれるところがあるのでしょうかあ、、、?

投稿: hizi | 2009年1月 1日 (木) 12時49分

明けましておめでとうございました。
そうなんです。済南の高中に2年半ほどおりました。
山師もなつかしいですねー。
中国語を習いに行ったり、周辺に買い物にもよく行きました。

東京はさすがに火鍋の店は多いですね。
3回ほど行きましたが、どこもおいしかったです。
おいしい店というか、「ちうごくと同じ味の店」は、結構あるのでは?
それを「おいしい」と取るかどうかは人によると思います。<笑

投稿: 咲(管理人) | 2009年1月 5日 (月) 01時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511259/43581671

この記事へのトラックバック一覧です: 火鍋最高!:

« メリークリスマス! | トップページ | おせち料理 »