« 久々に挑戦 | トップページ | それは無理だろう »

2008年5月10日 (土)

GW明け授業

昨日の金曜日、GW明けの初授業でした。

学校行事、GW、公休日など立て続けで、気がつけば2週間のお休みでした。

なげぇよ。

というわけで2週間ぶりの授業復帰。

内容は、「日本留学試験模試」

試験監督かよ!

楽そうに見えるでしょ?実際、準備がいるわけじゃないし、何かするわけでもないんだけど、疲れるんです。気が張るんです。特に日本留学試験!知っている人は知ってますが、あの聴解と聴読解の破壊力ったら。

学生に常々言い聞かせているのですが、「留学試験はいかに集中力を持続させるかがカギ」
端的に言うと「眠気との戦い」です。

少しでも集中を途切れさすとわけがわからなくなる問題文。
過去の部分を悩んでいるとあっという間に次の問題が終わってしまう。
そして下を向いて問題を見詰めているだけで襲ってくる眠気。

こんなハードな試験も珍しい。

今まで私の言葉を半信半疑で聞いていた学生たちは、私の言葉の真実を余すことなく実感したようです。
休憩はさんで3コマほどの試験が終わった後は、学生はぐったり。もちろん私もぐったり。

試験中、私も一緒に問題を解くため(解説がいるから)緊張は学生と同じ。

以下、来年の自分のための覚書。

H19第一回の感想。
読解→1~20まで難易度があまり変わらない感じ。普通はだんだん難しくなるのに。しょっぱなから難しく、最後まで難しかった。

聴解→他に比べるとやさしめ。数問、気を抜くとやばい問題があり。

聴読解→後半7,8問が難問。これはオーソドックスに難易度順か?

総じて一昨年より難しくなった感あり。
第1回は2回よりやさしいのに。これは今年が思いやられるなぁ。

出来は思ったよりかなり良かったです。
このクラスは特に読解力がある。読解力は、日本語にかかわらず、文章を読みなれているかどうかがかなり左右します。つまり、付け焼刃の勉強が役に立たない。
そういう意味では、かなり有望です。

採点を終えて、ぐったりと帰る時、学生に言われました。

「先生、楽しい週末ですね。」

いや、2週間も休んだから。おなかいっぱいです。

Photo 保育園に迎えに行った時もらいました。
「大好きなママ」の絵らしいです

まだ何も分からずに書いているんだと思いながらもちょっと感動。
でも、ママにあげるんだという意識はないようで、握りしめて離しませんでした。

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ

|

« 久々に挑戦 | トップページ | それは無理だろう »

仕事・日本語教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511259/41164056

この記事へのトラックバック一覧です: GW明け授業:

« 久々に挑戦 | トップページ | それは無理だろう »