« 「声が出ません」その後 | トップページ | 三井アウトレットモール入間(のはずだった) »

2008年4月11日 (金)

新学期から1週間

レッツ・レッスン・ダンシン・グーー(満面の笑みで)

さて、今日はすっかり放置していた新学期後の授業について。(前ふりは?)もっと早く書くべきでしたがとりあえずのどがそれどころではなかった。やっと人並みに回復してきました。

読まれることはあまり期待していません。来年の自分のためのメモ書きです。あしからず。

さて、今年度担当クラスは中級が2クラス。1つは中国系中心のかなりできるクラスA。もう一つは中級には入ったものの漢字に苦労している多国籍クラスB.。
担当教材はどちらも「ニューアプローチ基礎編」。週3日、私ひとりが主教材を担当します。

クラスA留意点:
・語彙を中心に広げ、語彙力をつける→一級に対応できるように。
・文法説明は最低限にとどめ、練習や作文で運用力、会話力をつける
・10コマ1課が目標(6月の留試後に中上級に入れれば)

クラスB留意点:
・漢字カードを作成し、少なくともテキストに出てくる漢字は読めるように。
・漢字への意欲を高める
・音読みさせよう(口をほぐす、漢字、単語を覚えさす)
・基本的には和気あいあいとできるクラスに
・落ちこぼれを出さない
・進度は気にしない。
・ゆっくりでも確実に階段を昇ろう

うん。クラスの違いがとてもよくわかる留意点です。なんかクラスとしての期待のされ度合いも違う感じ。ま、それぞれがそれぞれに合うように、育てていくのが私の仕事です。
教師人生の95%(てきとう)を中国人相手に過ごしてきた私としては、今年は今までほとんどかかわらなかった漢字教育に力を入れる年になりそうです。

|

« 「声が出ません」その後 | トップページ | 三井アウトレットモール入間(のはずだった) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511259/40850683

この記事へのトラックバック一覧です: 新学期から1週間:

« 「声が出ません」その後 | トップページ | 三井アウトレットモール入間(のはずだった) »